家族の生活の中心にある家具の選び方

生活を送る上で家具は欠かすことが出来ないアイテムです。どんなに素敵でこだわった家であっても家財のデザインが良くなければ台無しです。また、ソファやリビングダイニングの机や椅子、またベッドなどは一度購入すると何年、何十年と買い替えることはありません。長年使い続ける程に味が出てきたり、愛着が湧いてくるものですので、じっくりと吟味して長年使い続けられる物を選ぶようにしましょう。また、家の中はトータルコーディネートをすることが大切です。一つ一つのテイストが異なってくると家の中の統一感がなく、片付いているにも関わらず、乱雑に感じてしまいます。質感や色味を統一させることで部屋の中がすっきりと見えるので部屋の広さも広く感じることが出来ます。お気に入りのテイストにしてリラックスできる空間を手に入れましょう。

ソファやベッドなど大型家具を買うときはサイズに注意

ソファやベッドは部屋の印象を決めますので、選ぶ際は慎重に選びましょう。まず、一番最初に考えなければならないのがサイズです。部屋に合ったサイズの物を購入しないとどんなに気に入ったとしても部屋に運び入れることがままならなければ意味がありません。また、部屋に入ったとしても大きすぎて部屋が窮屈に感じたり、ドアを開けずらくなるなどの動線の妨げにならないように気を付けましょう。ソファやベッドを置いた状態での生活感をイメージしながら選ぶようにしましょう。ソファやベッドにも、色々なタイプがあります。例えばソファの場合、L字型であったり、一人掛けや二人掛けなど、サイズも形も様々です。家族の団欒の場で最適なサイズとスタイルは何かを考えながら選ぶようにしましょう。

灯り一つで部屋の印象を左右する照明効果

家具というと、机、椅子、ソファにベッドなどを思い浮かべますが、実はそれと同時に照明も部屋の印象を大きく左右します。照明の明るさで作業スペースに最適な空間にも出来ますし、明るさを落として眠るのに最適なリラックス空間にすることも出来ます。また、ただ天井照明だけを意識するのではなく、間接照明を上手に使うことで部屋の印象がぐっとお洒落になります。テーブルランプやベッドサイドのランプなどは手軽に購入出来、設置もコンセントに差すだけですので模様替えなど部屋の印象を変えたい時に気軽に取り入れることが出来ます。また、使用するランプの明るさを変えることで手軽に光度も変えることが出来ますので、好みによって明るさを強くしたり弱くしたり個人でも手軽に変えることが出来ます。